2013年11月22日

本日のキリスト教クリップアート「エグロン王を殺したエホデ」

士師記 3:19-21

かれ自身はギルガルに近い石像のある所から引きかえして言った、「王よ、わたしはあなたに申しあげる機密をもっています」。そこで王は「さがっておれ」と言ったので、かたわらに立っている者は皆出て行った。
エホデが王のところにはいって来ると、王はひとりで涼みの高殿に座していたので、エホデが「わたしは神の命によってあなたに申しあげることがあります」と言うと、王は座から立ちあがった。
そのときエホデは左の手を伸ばし、右のももからつるぎをとって王の腹を刺した。

エグロン王を殺したエホデ
posted by masaru at 09:04 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

本日のキリスト教クリップアート「神々と間違われたパウロとバルナバ」

使徒行伝 14:13-15

そして、郊外にあるゼウス神殿の祭司が、群衆と共に、ふたりに犠牲をささげようと思って、雄牛数頭と花輪とを門前に持ってきた。
ふたりの使徒バルナバとパウロとは、これを聞いて自分の上着を引き裂き、群衆の中に飛び込んで行き、叫んで
言った、「皆さん、なぜこんな事をするのか。わたしたちとても、あなたがたと同じような人間である。そして、あなたがたがこのような愚にもつかぬものを捨てて、天と地と海と、その中のすべてのものをお造りになった生ける神に立ち帰るようにと、福音を説いているものである。

神々と間違われたパウロとバルナバ
posted by masaru at 15:40 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

本日のキリスト教クリップアート「偶像を崇拝したイスラエル」

士師記 2:10-13

そしてその時代の者もまたことごとくその先祖たちのもとにあつめられた。その後ほかの時代が起ったが、これは主を知らず、また主がイスラエルのために行われたわざをも知らなかった。
イスラエルの人々は主の前に悪を行い、もろもろのバアルに仕え、
かつてエジプトの地から彼らを導き出された先祖たちの神、主を捨てて、ほかの神々すなわち周囲にある国民の神々に従い、それにひざまずいて、主の怒りをひき起した。
すなわち彼らは主を捨てて、バアルとアシタロテに仕えた

偶像を崇拝したイスラエル
posted by masaru at 12:24 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

本日のキリスト教クリップアート「足のきかない人を癒やしたパウロ」

使徒行伝 14:8-11

ところが、ルステラに足のきかない人が、すわっていた。彼は生れながらの足なえで、歩いた経験が全くなかった。
この人がパウロの語るのを聞いていたが、パウロは彼をじっと見て、いやされるほどの信仰が彼にあるのを認め、
大声で「自分の足で、まっすぐに立ちなさい」と言った。すると彼は踊り上がって歩き出した。
群衆はパウロのしたことを見て、声を張りあげ、ルカオニヤの地方語で、「神々が人間の姿をとって、わたしたちのところにお下りになったのだ」と叫んだ。

足のきかない人を癒やしたパウロ
posted by masaru at 00:00 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

本日のキリスト教クリップアート「シケムで新たにされた契約」

ヨシュア記 24:24-27

民はヨシュアに言った、「われわれの神、主に、われわれは仕え、その声に聞きしたがいます」。
こうしてヨシュアは、その日、民と契約をむすび、シケムにおいて、定めと、おきてを、彼らのために設けた。
ヨシュアはこれらの言葉を神の律法の書にしるし、大きな石を取って、その所で、主の聖所にあるかしの木の下にそれを立て、
ヨシュアは、すべての民に言った、「見よ、この石はわれわれのあかしとなるであろう。主がわれわれに語られたすべての言葉を、聞いたからである。それゆえ、あなたがたが自分の神を捨てることのないために、この石が、あなたがたのあかしとなるであろう」。

シケムで新たにされた契約

posted by masaru at 14:07 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

本日のキリスト教クリップアート「足のちりを払う」

使徒行伝 13:50-52

ところが、ユダヤ人たちは、信心深い貴婦人たちや町の有力者たちを煽動して、パウロとバルナバを迫害させ、ふたりをその地方から追い出させた。
ふたりは、彼らに向けて足のちりを払い落して、イコニオムへ行った。
弟子たちは、ますます喜びと聖霊とに満たされていた。

足のちりを払う
posted by masaru at 15:38 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

本日のキリスト教クリップアート「逃れの町」

民数記 35:11-13, 申命記 19:3-6, ヨシュア記 20:2-6

「イスラエルの人々に言いなさい、『先にわたしがモーセによって言っておいた、のがれの町を選び定め、
あやまって、知らずに人を殺した者を、そこへのがれさせなさい。これはあなたがたが、あだを討つ者をさけて、のがれる場所となるでしょう。
その人は、これらの町の一つにのがれて行って、町の門の入口に立ち、その町の長老たちに、そのわけを述べなければならない。そうすれば、彼らはその人を町に受け入れて、場所を与え、共に住ませるであろう。

逃れの町
posted by masaru at 00:00 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

本日のキリスト教クリップアート「目が見えなくなったエルマ」

使徒行伝 13:6-11

島全体を巡回して、パポスまで行ったところ、そこでユダヤ人の魔術師、バルイエスというにせ預言者に出会った。
彼は地方総督セルギオ・パウロのところに出入りをしていた。この総督は賢明な人であって、バルナバとサウロとを招いて、神の言を聞こうとした。
ところが魔術師エルマ(彼の名は「魔術師」との意)は、総督を信仰からそらそうとして、しきりにふたりの邪魔をした。
サウロ、またの名はパウロ、は聖霊に満たされ、彼をにらみつけて言った、「ああ、あらゆる偽りと邪悪とでかたまっている悪魔の子よ、すべて正しいものの敵よ。主のまっすぐな道を曲げることを止めないのか。
見よ、主のみ手がおまえの上に及んでいる。おまえは盲になって、当分、日の光が見えなくなるのだ」。たちまち、かすみとやみとが彼にかかったため、彼は手さぐりしながら、手を引いてくれる人を捜しまわった。

目が見えなくなったエルマ
posted by masaru at 15:01 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

本日のキリスト教クリップアート「空にとどまった太陽」

ヨシュア記 10:11-14

彼らがイスラエルの前から逃げ走って、ベテホロンの下り坂をおりていた時、主は天から彼らの上に大石を降らし、アゼカにいたるまでもそうされたので、多くの人々が死んだ。イスラエルの人々がつるぎをもって殺したものよりも、雹に打たれて死んだもののほうが多かった。
主がアモリびとをイスラエルの人々にわたされた日に、ヨシュアはイスラエルの人々の前で主にむかって言った、
「日よ、ギベオンの上にとどまれ、
月よ、アヤロンの谷にやすらえ」。
民がその敵を撃ち破るまで、
日はとどまり、
月は動かなかった。
これはヤシャルの書にしるされているではないか。日が天の中空にとどまって、急いで没しなかったこと、おおよそ一日であった。 これより先にも、あとにも、主がこのように人の言葉を聞きいれられた日は一日もなかった。主がイスラエルのために戦われたからである。

空にとどまった太陽
posted by masaru at 09:22 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

本日のキリスト教クリップアート「ヘロデの死」

使徒行伝 12:21-24

定められた日に、ヘロデは王服をまとって王座にすわり、彼らにむかって演説をした。
集まった人々は、「これは神の声だ、人間の声ではない」と叫びつづけた。
するとたちまち、主の使が彼を打った。神に栄光を帰することをしなかったからである。彼は虫にかまれて息が絶えてしまった。
こうして、主の言はますます盛んにひろまって行った。

ヘロデの死
posted by masaru at 15:11 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

本日のキリスト教クリップアート「ギブオン人の計略」

ヨシュア記 9:5-7

繕った古ぐつを足にはき、古びた着物を身につけた。彼らの食料のパンは、みなかわいて、砕けていた。
彼らはギルガルの陣営のヨシュアの所にきて、彼とイスラエルの人々に言った、「われわれは遠い国からまいりました。それで今われわれと契約を結んでください」。
しかし、イスラエルの人々はそのヒビびとたちに言った、「あなたがたはわれわれのうちに住んでいるのかも知れないから、われわれはどうしてあなたがたと契約が結べましょう」。

ギブオン人の計略
posted by masaru at 01:08 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

本日のキリスト教クリップアート「ペテロの奇跡的な脱出」

使徒行伝 12:6-8

ヘロデが彼を引き出そうとしていたその夜、ペテロは二重の鎖につながれ、ふたりの兵卒の間に置かれて眠っていた。番兵たちは戸口で獄を見張っていた。
すると、突然、主の使がそばに立ち、光が獄内を照した。そして御使はペテロのわき腹をつついて起し、「早く起きあがりなさい」と言った。すると鎖が彼の両手から、はずれ落ちた。
御使が「帯をしめ、くつをはきなさい」と言ったので、彼はそのとおりにした。それから「上着を着て、ついてきなさい」と言われたので、ペテロはついて出て行った。

ペテロの奇跡的な脱出
posted by masaru at 07:22 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

本日のキリスト教クリップアート「ダビデに油を注いだサムエル」

サムエル記上 16:12-13

そこで人をやって彼をつれてきた。彼は血色のよい、目のきれいな、姿の美しい人であった。主は言われた、「立ってこれに油をそそげ。これがその人である」。 16:13サムエルは油の角をとって、その兄弟たちの中で、彼に油をそそいだ。この日からのち、主の霊は、はげしくダビデの上に臨んだ。そしてサムエルは立ってラマへ行った。

ダビデに油を注いだサムエル
posted by masaru at 01:24 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

本日のキリスト教クリップアート「サウルを王位から退けた主」

サムエル記上 15:13-28

こうしてサムエルが去ろうとして身をかえした時、サウルがサムエルの上着のすそを捕えたので、それは裂けた。
サムエルは彼に言った、「主はきょう、あなたからイスラエルの王国を裂き、もっと良いあなたの隣人に与えられた。

サウルを王位から退けた主
posted by masaru at 07:18 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

本日のキリスト教クリップアート「サウルに油を注いだサムエル」

サムエル記上 10:1

その時サムエルは油のびんを取って、サウルの頭に注ぎ、彼に口づけして言った、「主はあなたに油を注いで、その民イスラエルの君とされたではありませんか。あなたは主の民を治め、周囲の敵の手から彼らを救わなければならない。主があなたに油を注いで、その嗣業の君とされたことの、しるしは次のとおりです。

サウルに油を注いだサムエル
posted by masaru at 12:22 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

本日のキリスト教クリップアート「鎮圧されたペリシテ人」

サムエル記上 7:8-10

そしてイスラエルの人々はサムエルに言った、「われわれのため、われわれの神、主に叫ぶことを、やめないでください。そうすれば主がペリシテびとの手からわれわれを救い出されるでしょう」。
そこでサムエルは乳を飲む小羊一頭をとり、これを全き燔祭として主にささげた。そしてサムエルはイスラエルのために主に叫んだので、主はこれに答えられた。
サムエルが燔祭をささげていた時、ペリシテびとはイスラエルと戦おうとして近づいてきた。しかし主はその日、大いなる雷をペリシテびとの上にとどろかせて、彼らを乱されたので、彼らはイスラエルびとの前に敗れて逃げた。

鎮圧されたペリシテ人
posted by masaru at 02:38 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

本日のキリスト教クリップアート「バビロン捕囚」

列王紀下 25:9-11, 歴代志下 36:18-20

主の宮と王の家とエルサレムのすべての家を焼いた。すなわち火をもってすべての大きな家を焼いた。
また侍衛の長と共にいたカルデヤびとのすべての軍勢はエルサレムの周囲の城壁を破壊した。
そして侍衛の長ネブザラダンは、町に残された民およびバビロン王に降服した者と残りの群衆を捕え移した。

バビロン捕囚
posted by masaru at 15:40 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

本日のキリスト教クリップアート「カルメル山のエリヤ」

列王紀上 18:37-39

主よ、わたしに答えてください、わたしに答えてください。主よ、この民にあなたが神であること、またあなたが彼らの心を翻されたのであることを知らせてください」。
そのとき主の火が下って燔祭と、たきぎと、石と、ちりとを焼きつくし、またみぞの水をなめつくした。
民は皆見て、ひれ伏して言った、「主が神である。主が神である」。

カルメル山のエリヤ
posted by masaru at 12:23 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

本日のキリスト教クリップアート「アンテオケの教会」

使徒行伝 11:22-26

このうわさがエルサレムにある教会に伝わってきたので、教会はバルナバをアンテオケにつかわした。
彼は、そこに着いて、神のめぐみを見てよろこび、主に対する信仰を揺るがない心で持ちつづけるようにと、みんなの者を励ました。
彼は聖霊と信仰とに満ちた立派な人であったからである。こうして主に加わる人々が、大ぜいになった。
そこでバルナバはサウロを捜しにタルソへ出かけて行き、
彼を見つけたうえ、アンテオケに連れて帰った。ふたりは、まる一年、ともどもに教会で集まりをし、大ぜいの人々を教えた。このアンテオケで初めて、弟子たちがクリスチャンと呼ばれるようになった。

アンテオケの教会
posted by masaru at 02:54 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

本日のキリスト教クリップアート「ヨブと三人の親友」

ヨブ記 2:11
時に、ヨブの三人の友がこのすべての災のヨブに臨んだのを聞いて、めいめい自分の所から尋ねて来た。すなわちテマンびとエリパズ、シュヒびとビルダデ、ナアマびとゾパルである。彼らはヨブをいたわり、慰めようとして、たがいに約束してきたのである。

ヨブと三人の親友

posted by masaru at 01:15 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする