2006年10月20日

本日のキリスト教クリップアート「しもべの足を洗う主人」

ヨハネ 13:4-17。
イエスは夕食の席から立ち上がって、弟子達の足を洗い始めました。ペテロのところに来ると、ペテロが「主よ。あなたが私の足を洗ってくださるのですか?」と尋ねました。イエスはそれに答えて「私のしていることは、今はあなたにはわからないが、後で分かるようになります。」と言いました。「いいえ、決して私の足をお洗いにならないでください!」ペテロはイエスの行動が理解できませんでした。イエスはそれが必要であることを教えました。弟子達の足を洗い終わると、イエスは「あなたの主であり、師であるこのわたしがあなたがたの足を洗ったのですから、あなたがたもまた互いに足を洗い合うべきです。まことにあなた方に告げます。しもべはその主人に優りません。あなたがこのこと知り、それを行うならば祝福されます。」と言いました。

この行為は罪の清めであり赦しでした。大きなものはへりくだり小さなものに仕え、それぞれは赦し合うという教えですね。イエス様は言葉の通りに死に至るまで私たちに仕えてくださいました。ピリピ 2:8。


しもべの足を洗う主人
http://www.christiancliparts.net/viewillust.php?id=i06101
posted by masaru at 04:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック