2006年10月14日

本日のキリスト教クリップアート「神のものは神に返しなさい」

マタイ 22:15-22、マルコ 12:13-17、ルカ 20:20-26。
パリサイ人とヘロデ党の者たちはイエスを罠にかけようとして、イエスにカイザルに税金を払うことは正しいかと尋ねました。
払うべきと答えればユダヤ主義者から非難され、払うべきでないと答えればローマの反逆者とされるためいずれも場合もイエスが窮地に立つ、意地悪な問いでした。
彼らの意図を見透かしたイエスは「偽善者よ、なぜ私を試すのか? 納め金にするお金を私に見せなさい。」彼らはイエスにデナリ銀貨を一枚持ってきました。イエスは「これは誰の肖像ですか?」と問うと彼らは「カイザルのです」と答えました。するとイエスは「ではカイザルのものはカイザルに返し、神のものは神に返しなさい。」と答えました。彼らの意図をはずす見事な答えにパリサイ人たちは驚嘆しました。この答えにはカイザルに忠誠であっても、神に忠誠であることにはならないと言う警告も含まれているのだそうです。


神のものは神に返しなさい
http://christiancliparts.net/viewillust.php?id=i06095
posted by masaru at 06:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック