2021年04月17日

キッズ・デボーション Vol. 8「人生の目的」

キッズ・デボーション Vol. 8「人生の目的」

デボーション・フォー・キッズの新作アニメをアップしました。人生の目的に関するアニメです。
英語のアニメですが、CCをクリックすると日本語の字幕が表示されます。

私たちの人生には目的があるのでしょうか?
時に人生はとても虚しく感じられます。
神様はご自分のカタチに私たちを創られました。
私たちに一人一人、それぞれの人生の目的があるのではないでしょうか?


posted by masaru at 09:58 | キッズ・デボーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

本日のキリスト教クリップアート「総督の前でのパウロの弁明」

使徒行伝 24:10-12

そこで、総督が合図をして発言を促したので、パウロは答弁して言った。
「閣下が、多年にわたり、この国民の裁判をつかさどっておられることを、よく承知していますので、わたしは喜んで、自分のことを弁明いたします。 お調べになればわかるはずですが、わたしが礼拝をしにエルサレムに上ってから、まだ十二日そこそこにしかなりません。 そして、宮の内でも、会堂内でも、あるいは市内でも、わたしがだれかと争論したり、群衆を煽動したりするのを見たものはありませんし、

本日のキリスト教クリップアート「総督の前でのパウロの弁明」
posted by masaru at 09:00 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

本日のキリスト教クリップアート「ソロモン王の賢い審判」

列王紀上 3:23-28

この時、王は言った、「ひとりは『この生きているのがわたしの子で、死んだのがあなたの子だ』と言い、またひとりは『いいえ、死んだのがあなたの子で、生きているのはわたしの子だ』と言う」。
そこで王は「刀を持ってきなさい」と言ったので、刀を王の前に持ってきた。
王は言った、「生きている子を二つに分けて、半分をこちらに、半分をあちらに与えよ」。
すると生きている子の母である女は、その子のために心がやけるようになって、王に言った、「ああ、わが主よ、生きている子を彼女に与えてください。決してそれを殺さないでください」。しかしほかのひとりは言った、「それをわたしのものにも、あなたのものにもしないで、分けてください」。
すると王は答えて言った、「生きている子を初めの女に与えよ。決して殺してはならない。彼女はその母なのだ」。
イスラエルは皆王が与えた判決を聞いて王を恐れた。神の知恵が彼のうちにあって、さばきをするのを見たからである。

本日のキリスト教クリップアート「ソロモン王の賢い審判」
posted by masaru at 13:31 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

本日のキリスト教クリップアート「アブネルを殺したヨアブ」

サムエル記下 3:26-27

ヨアブはダビデの所から出てきて、使者をつかわし、アブネルを追わせたので、彼らはシラの井戸から彼を連れて帰った。しかしダビデはその事を知らなかった。 アブネルがヘブロンに帰ってきたとき、ヨアブはひそかに語ろうといって彼を門のうちに連れて行き、その所で彼の腹を刺して死なせ、自分の兄弟アサヘルの血を報いた。

i21004.jpg
posted by masaru at 12:27 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

本日のキリスト教クリップアート「パウロを殺す企み」

使徒行伝 23:14-16

彼らは、祭司長たちや長老たちのところに行って、こう言った。「われわれは、パウロを殺すまでは何も食べないと、堅く誓い合いました。 ついては、あなたがたは議会と組んで、彼のことでなお詳しく取調べをするように見せかけ、パウロをあなたがたのところに連れ出すように、千卒長に頼んで下さい。われわれとしては、パウロがそこにこないうちに殺してしまう手はずをしています」。
ところが、パウロの姉妹の子が、この待伏せのことを耳にし、兵営にはいって行って、パウロにそれを知らせた。

本日のキリスト教クリップアート「パウロを殺す企み」
posted by masaru at 06:37 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

本日のキリスト教クリップアート「ミカルを連れてダビデに会ったアブネル」

サムエル記下3:20-21

アブネルが二十人を従えてヘブロンにいるダビデのもとに行った時、ダビデはアブネルと彼に従っている従者たちのために酒宴を設けた。
アブネルはダビデに言った、「わたしは立って行き、イスラエルをことごとく、わが主、王のもとに集めて、あなたと契約を結ばせ、あなたの望むものをことごとく治められるようにいたしましょう」。こうしてダビデはアブネルを送り帰らせたので彼は安全に去って行った。

本日のキリスト教クリップアート「ミカルを連れてダビデに会ったアブネル」
posted by masaru at 06:31 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

本日のキリスト教クリップアート「ローマ市民のパウロ」

使徒行伝 22:25-27

彼らがむちを当てるため、彼を縛りつけていた時、パウロはそばに立っている百卒長に言った、「ローマの市民たる者を、裁判にかけもしないで、むち打ってよいのか」。 百卒長はこれを聞き、千卒長のところに行って報告し、そして言った、「どうなさいますか。あの人はローマの市民なのです」。 そこで、千卒長がパウロのところにきて言った、「わたしに言ってくれ。あなたはローマの市民なのか」。パウロは「そうです」と言った。

本日のキリスト教クリップアート「ローマ市民のパウロ」
posted by masaru at 16:06 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月19日

聖書のみことばクリップアート「東方の博士とベツレヘムの星」

預言者の預言通りに待望の救い主がついにやってきました!!信仰を持つ人々には非常に大きな喜びでした。
主イエスは預言通りに救済を完成させました。そして今は主イエスが花嫁である教会を携挙し、のちに神の王国を築き上げるのを待っています。
主よ早く来てください!マラナタ!

マタイによる福音書 2:9-10

彼らは王の言うことを聞いて出かけると、見よ、彼らが東方で見た星が、彼らより先に進んで、幼な子のいる所まで行き、その上にとどまった。 彼らはその星を見て、非常な喜びにあふれた。


聖書のみことばクリップアート「東方の博士と星」



高解像度の使用料無料のクリップアートです、教会の子供伝道や日曜学校でご利用ください。以下のリンクから高解像度の画像をダウンロードしていただけます。
https://christiancliparts.net/christmas.php
posted by masaru at 09:14 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

本日のキリスト教クリップアート「サウルの死を知ったダビデ」

サムエル記下 1:1-10
サウルが死んだ後、ダビデはアマレクびとを撃って帰り、ふつかの間チクラグにとどまっていたが、三日目となって、ひとりの人が、その着物を裂き、頭に土をかぶって、サウルの陣営からきた。そしてダビデのもとにきて、地に伏して拝した。ダビデは彼に言った、「あなたはどこからきたのか」。彼はダビデに言った、「わたしはイスラエルの陣営から、のがれてきたのです」。 ダビデは彼に言った、「様子はどうであったか話しなさい」。彼は答えた、「民は戦いから逃げ、民の多くは倒れて死に、サウルとその子ヨナタンもまた死にました」。 ダビデは自分と話している若者に言った、「あなたはサウルとその子ヨナタンが死んだのを、どうして知ったのか」。 彼に話している若者は言った、「わたしは、はからずも、ギルボア山にいましたが、サウルはそのやりによりかかっており、戦車と騎兵とが彼に攻め寄ろうとしていました。 その時、彼はうしろを振り向いてわたしを見、わたしを呼びましたので、『ここにいます』とわたしは答えました。 彼は『おまえはだれか』と言いましたので、『アマレクびとです』と答えました。 彼はまたわたしに言いました、『そばにきて殺してください。わたしは苦しみに耐えない。まだ命があるからです』。 そこで、わたしはそのそばにいって彼を殺しました。彼がすでに倒れて、生きることのできないのを知ったからです。そしてわたしは彼の頭にあった冠と、腕につけていた腕輪とを取って、それをわが主のもとに携えてきたのです」。

i20008.jpg
posted by masaru at 11:59 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

本日のキリスト教クリップアート「群衆の前で弁明したパウロ」

使徒行伝 22:1-3
「兄弟たち、父たちよ、いま申し上げるわたしの弁明を聞いていただきたい」。 パウロが、ヘブル語でこう語りかけるのを聞いて、人々はますます静粛になった。 そこで彼は言葉をついで言った、「わたしはキリキヤのタルソで生れたユダヤ人であるが、この都で育てられ、ガマリエルのひざもとで先祖伝来の律法について、きびしい薫陶を受け、今日の皆さんと同じく神に対して熱心な者であった。

i20007.jpg
posted by masaru at 04:19 | ChristianClipart.net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする